[スポンサーリンク]

画面を移動する

時計や電波状態が表示されてるところをタップすると、ホームページや一覧の上部に移動できます。 


スリープ状態のままiPhoneを操作する

スリープ時にホームボタンをダブルクリックすると、iPodのコントローラを表示できます。
さらに、起動中にダブルクリックすると、電話のよく使う項目や、iPodの操作画面を呼び出せます。
何を呼び出すかは、「設定>一般>ホームボタン」から変更できるので、自分がよく使う機能を設定しておくとよいでしょう。


マルチタスクの確認と終了方法

ホームボタンを素早くダブルクリックすると、マルチタスク画面がディスプレイ下部に出てきます。
マルチタスクを解放したいアプリのアイコンを長押しすると、
アイコンを削除する-(マイナス)の赤丸が表示されるので、それをタップして削除します。
マルチタスクで動いているアプリは、一度電源を落としても消えないので、iPhoneの動作が重い時などに使うと有効です。


iPhoneの動作が重い時は、メモリ・リセットしてみる

ホームボタンを長押しすると、アプリを完全に終了し、メモリを解放することができます。

アプリ起動中に動作が不安定になったり、フリーズしてしまった場合に使うと効果的です。


iPhoneの動作がおかしいときは再起動してみる

ホームボタン+スリープボタンを長押しすると、iPhoneを再起動できます。
(電源がいちど落ちて、Appleロゴが表示(再起動)されるまで押し続けます)
挙動が不安定だったり、フリーズして操作を受け付けなくなってしまった場合には、いったん再起動をかけると改善されることがあります。


通話を回避する方法

iPhoneがスリープ状態のときに着信があった場合、応答ボタンを押して電話にでることができます。
しかし!スリープボタンを1回押すと「消音」(あるいは振動をオフ)に、2回押すと着信を拒否して留守番電話サービスに回すこともできます。
バッテリー残量が心許ないときや、今すぐには出られないときに役立つ小技です。


[スポンサーリンク]